商品コード:9784000610353

抗う島のシュプレヒコール OKINAWAのフェンスから

いまなお米軍基地問題に蹂躙され,本土の政治に翻弄される沖縄.“本土並み”の真実と欺瞞に迫る.カラー写真多数.
2,420円(税込)
2,200円(税抜)
著者名
山城博明/著
出版社名
岩波書店
ページ数
158
発売日
2015/03/27
普天間から辺野古への基地移設を巡っては、「粛々と進める」政府と、各選挙で「新基地反対」を明示した沖縄県との攻防が、本書刊行の3月現在、新聞トップを占めています。震災後には、原発と並び、人権を蔑ろにするものとして沖縄の基地が引合いに出されることが増えましたが、私達は本当に基地問題の根源的な部分を知っているのでしょうか。日本復帰前後から沖縄を接写してきた報道カメラマンによる写真で、“本土並み”の真実と欺瞞に迫ります。(岩波書店 清水野亜)

カートに入れました

お買い物を続ける カートへ進む

残りわずか(タイミングによってはお取り寄せになる場合がございます)

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない