商品コード:9784002708300

「主権者」は誰か 原発事故から考える

550円(税込)
500円(税抜)
著者名
日隅一雄/著
出版社名
岩波書店
外寸
218×158×6 mm
ページ数
54
発売日
2012/04/12
福島原発事故後、市民に伝えられるべき情報の多くが隠され、誤った説明が繰り返され、国民不在の場で様々な基準が決められていった。なぜ、これほどまでに「主権者」である国民がないがしろにされたのか。政治家、官僚、メディア、専門家、そして東電などによる事故後の対応を振り返りながら、その構造的問題点を指摘する。

カートに入れました

お買い物を続ける カートへ進む

残りわずか(タイミングによってはお取り寄せになる場合がございます)

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない