商品コード:9784062173193

裸のフクシマ 原発30km圏内で暮らす

原発から25kmに住む筆者だから書ける、地元目線の真実。
1,760円(税込)
1,600円(税抜)
著者名
たくきよしみつ/著
出版社名
講談社
外寸
189×134×22 mm
ページ数
350
マスコミがまったく報じない、3・11後に地元で始まった悲喜劇
品切れ中

欠品中(お取り寄せ可能な場合があります.メールにてお問い合わせください)

2011年3月11日のあと、福島第一原発のそばでは何が起こり、そしていまでもどんな事態が進行しているのか。 水素爆発直後の情報がないという恐怖、避難勧告に振り回され、バタバタと倒れる高齢者たち。まったくの茶番劇だった一時帰宅ショー、がんばっている人ほど見返りの少ない矛盾だらけの補償制度、いまだに東電にぶら下がろうとする地元、県内でも広がる地域ごとの亀裂、低濃度の放射線にさらされる生活を続けようとする人々……。

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない