商品コード:9784087890051

ジャスミンの残り香―「アラブの春」が変えたもの

この出来事は日本人にとっても、決して対岸の火事ではない。東京新聞・田原牧さんが中東民衆革命の意味を問う!
1,650円(税込)
1,500円(税抜)
著者名
田原牧/著
出版社名
集英社
30年弱にわたりアラブ諸国を取材してきた著者が、民衆が政権を倒した エジプトや、逆に内戦に陥ったシリアの“その後”を舞台に、「革命」や人びとの抵抗の意味を描いた一冊です。その「革命」を経て、民衆が運命を切り拓くべく、まともな感性で悩み、試行錯誤しているエジプトと、現在の日本社会を包む「空気」が対を成すように感じるなか、本著がこの時代の「わかりにくさ」と向き合えるきっかけとなれば嬉しいです。 (集英社 井上琢麻)
品切れ中

欠品中(お取り寄せ可能な場合があります。メールにてお問い合わせください)

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない