商品コード:9784093878579

東洋おじさんのカメラ 写真家・宮武東洋と戦時下の在米日系人たち

「強制収用」とは、何を意味するか。そして国とは、人種とは。
1,870円(税込)
1,700円(税抜)
著者名
すずきじゅんいち、榊原るみ、/文 秋山泉/絵
出版社名
小学館
ページ数
64
発売日
2009/04/08
第二次大戦中、在米日本人や日系人は強制収容所へ入れられた。写真家の宮武東洋もそのひとり。彼はレンズを隠して持ち込み、自らの危険を冒してひそかに収容所内の写真を撮りはじめます。 「二度と起こってはならないこの事実を記録することが写真家としての務めだ」と信じて。強制収容という事実、国とは人種とは何かを知るきっかけとなる、子どもにもおとなにも伝えたい大切な一冊。

カートに入れました

お買い物を続ける カートへ進む

ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない