商品コード:9784140884119

死を見つめ、生をひらく

902円(税込)
820円(税抜)
著者名
片山恭一/著
出版社名
NHK出版
ページ数
272
発売日
2013/07/10
なぜ、生き惑うひとが増えているのか? 「死の忘却が原因」と著者はいいます。「死=虚無」の“定説”が、未来への展望なしにわたしたちを現在に縛りつけ、それが寄る辺ない精神状態を生んでいるのです。では、どうすればよいか。いますべきは、死を本質(何か)ではなく“可能性”(何でありうるか)において問うことです。すなわち、死は生の終着ではなく、生への“出発”なのです。プラトン以来の人生観を転回する「逆転の思考」を提示します。(NHK出版 加藤剛)
品切れ中

欠品中(お取り寄せ可能な場合があります.メールにてお問い合わせください)

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない