商品コード:9784163914282

土になる

有明海を望み、雲仙岳を見晴らし、故郷の河内につながる熊本の地で、師匠ヒダカさんの背中を見ながら畑を始めた。
1,870円(税込)
1,700円(税抜)
著者名
坂口恭平/著
出版社名
文藝春秋
ページ数
272
発売日
2021/09/14
<出版社の内容紹介>
コロナ禍と軌を一にして故郷熊本で畑を、そしてパステル画を始めた坂口恭平さん。土や微生物と出会い、ぐんぐん成長していく野菜たちと向き合いながら、心身の健やかさを取り戻していく日々を綴った畑日誌は、ネルギッシュで、どこか哲学書のような趣。光や風や目に見えないものを捉える著者の解像度の変化に導かれ、日常に明るさが兆す1冊です。変化のきっかけを探している人にぜひ。(文藝春秋 鳥嶋七実さん)

ご注文いただけます(取寄せの際に入荷まで2週間以上かかる場合もあります)

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない