商品コード:9784272406623

死 考える絵本2

おじいちゃんの死を入口に、死ぬってどういうこと? タマシイってあるのかな? と考えます
1,430円(税込)
1,300円(税抜)
著者名
谷川俊太郎/文 かるべめぐみ/絵
出版社名
大月書店
外寸
211×190×12 mm
ページ数
32
発売日
2009/06/19
<出版社の内容紹介>
おじいちゃんが死んだ。でも、いなくなった気がしない。死ぬと、どうなっちゃうんだろう。
様々な分野で活躍する大人たちが、子どもたちに考える楽しさをテーマごとに伝える全9巻のシリーズ。

カートに入れました

お買い物を続ける カートへ進む

ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)

谷川俊太郎 1931年、東京生まれ。詩人。詩集『二十億光年の孤独』を刊行以来、詩やエッセー、翻訳、脚本など幅広く活動する

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない