商品コード:9784309206622

ヒロシマ・モナムール

名画「二十四時間の情事」の母胎となったテクストを44年ぶりに新訳。「フクシマ」後のいま、五十数年前のデュラスの「ヒロシマ」、ひと夜の愛の物語が、新たな意味をもって迫ってくる。
1,980円(税込)
1,800円(税抜)
著者名
マルグリット・デュラス/著 工藤庸子/訳
出版社名
河出書房新社
外寸
194×134×22 mm
ページ数
222
「フクシマ」後にわれわれは、50数年前に描かれたデュラスの「ヒロシマ」、そのひと夜の愛の物語をどう読むのか──名画『二十四時間の情事』の分身ともいえるこの作品を、44年ぶりに新訳することによって新たな意味を見出したいと思い、企画しました。さらに、これまで男性訳者中心だったデュラス作品に、ぜひ女性の「声」を吹き込みたいと願って、工藤庸子さんに翻訳依頼。巻末の訳者ノート、必読です! (河出書房新社 木村由美子)
名画『二十四時間の情事』の母胎となったテクストを44年ぶりに新訳。フクシマ後の今、デュラスのヒロシマを我々はどう読むのか。
品切れ中

欠品中(お取り寄せ可能な場合があります.メールにてお問い合わせください)

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない