商品コード:9784494018161

わたしたちのアジア・太平洋戦争1 広がる日の丸の下で生きる

日本が侵略によってアジア支配を拡大していった時代の、日本及び中国や朝鮮の人々の体験など。
3,630円(税込)
3,300円(税抜)
著者名
古田足日、米田佐代子、西山利佳/編
出版社名
童心社
外寸
235×180mm
ページ数
328
シリーズ名
わたしたちのアジア・太平洋戦争
発売日
2004/03/01
<出版社の内容紹介>
侵略によって日本がアジア支配を拡大していった時代に、日本国内ではおとなも子どもも、どのように戦争体制に組みこまれていったか。アジアの人びとは、日本の戦争によって、どのように苦難の生活を強いられたか。以上を中心に、日本国内はもとより、中国、韓国のかたをはじめとした、アジア諸国のさまざまなかたがたの体験を紹介している。第一章では、「アジア・太平洋戦争(一九三一年から一九四五年)のなかで育った」ともいえる古田足日の、その時代の下で、いかにして軍国主義にそまっていったかという体験などが語られている。また、第二章には主に日本のかたの体験、第三章には、アジア諸国のかたがたが語ってくださった、日本のアジア支配による、さまざまな被害の実態が語られている。

カートに入れました

お買い物を続ける カートへ進む

ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない