商品コード:9784540171093

食べるとはどういうことか: 世界の見方が変わる三つの質問

日々何気なくやり過ごしている「食べる」。その当たり前を哲学するスリルと楽しさを
1,650円(税込)
1,500円(税抜)
著者名
藤原 辰史
出版社名
農山漁村文化協会
<出版社の内容紹介>
日々何気なくやり過ごしている「食べる」。その「食べる」とは何かを、京大で農と食の歴史を研究する藤原辰史さんが語り、12~18歳の8人と討論した白熱のゼミナール。藤原さんは「人間はホラーなチューブ」「生きもの殺し装置」など、多彩なジャブを繰り出し、子どもたちも見事なカウンターを返す。その丁々発止から、当たり前を哲学するスリルと楽しさを感じていただけたらと思います。(農山漁村文化協会 阿部道彦)

カートに入れました

お買い物を続ける カートへ進む

ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない