商品コード:9784540171864

それでも「ふるさと」 全3巻

放射能汚染によって村や家族に何が起こったのか、臨場感ある写真と文で描く
6,600円(税込)
6,000円(税抜)
著者名
豊田直巳/写真・文
出版社名
農山漁村文化協会
発売日
2018/02/01
東日本大震災・原発災害から7年近くが経ち、その風化が進みつつある中で、放射能汚染によって村や家族に何が起こったのか、村を追われた人たちの日々の暮らしや想い、ふるさとの再生を探る取り組みなどをいくつかの家族や仲間に着目して臨場感ある写真と文で描く。
自分自身の再生と村の再生を一体のものとして仲間と取り組む元酪農家、日本一の山菜栽培をめざす農家、第二のふるさと「仮設」に暮らすおばあちゃんなどを主人公として物語っていく。そして、原発災害をどう記憶し、心に残し、震災後をどう生きるかを考えるきっかけを示す。

●巻構成>
「牛が消えた村」で種をまく
「負けてられねぇ」と今日も畑に
「孫たちは帰らない」けれど
品切れ中

ただいま欠品中です

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない