商品コード:9784582856798

憲法九条の軍事戦略

国防軍構想や日米安保依存を超えた、新しい日本の姿を提示
836円(税込)
760円(税抜)
著者名
松竹伸幸/著
出版社名
平凡社
外寸
168×106×14 mm
ページ数
192
シリーズ名
平凡社新書
発売日
2013/04/15
尖閣問題へ関心が集まるなか、「憲法九条を改正し、軍備をもてる普通の国になろう」という論調が強まっている。そこには、九条が日本の軍事戦略の足かせになっているという認識がある。しかし、「九条の優位性を生かした軍事戦略の形も可能ではないのか」と松竹さんは問いかけます。「自分の国は自分で守る」という常識的立場から、九条と防衛の両立をめざした論考からは、軍事も経済もアメリカ依存のままの日本の姿も見えてきます。(平凡社 菅原悠)
品切れ中

欠品中(お取り寄せ可能な場合があります.メールにてお問い合わせください)

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない