商品コード:9784582922776

別冊太陽 茨木のり子 自分の感受性くらい

凛としてあり続けた詩人の生涯を読み解く1冊です。
2,640円(税込)
2,400円(税抜)
著者名
別冊太陽編集部
出版社名
平凡社
ページ数
160
発売日
2019/11/26

<出版社の内容紹介>
茨木のり子さんが帰らぬ人となってから13年。その詩は今も鮮明な声で、眠っていた感性に語りかけてくれます。本書は少女時代から晩年までの写真や日記とともに、60作ほどの詩をイメージビジュアルで構成しているほか、自筆の手紙や料理のレシピメモなども収録。また、谷川俊太郎さんの詩「茨木さん」をはじめ、ゆかりの文学者の方がエッセイで茨木さんへのオマージュを捧げています。(平凡社 竹内清乃)

カートに入れました

お買い物を続ける カートへ進む

ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない