商品コード:9784622088523

74歳の日記

病をかかえていた詩人の「独り居」が生気をとり戻すまでの道程を伴走する一冊
3,520円(税込)
3,200円(税抜)
著者名
メイ・サートン/幾島幸子
出版社名
みすず書房
ページ数
336
発売日
2019/10/17
<出版社の内容紹介>
3歳の冬に軽い脳梗塞を起こし、サートンは気がつきました―― 「健康な人には分からないことがある」。この詩人はどこまでも人生の探検者です。そして読者は、彼女がついに元気になり、その「独り居」が生気をとり戻すまでの道程を伴走することになります。訳者の幾島幸子さんは一昨年、サートンが住んでいたニューイングランドの家を訪ねました。「訳者あとがき」もお楽しみください。(みすず書房 栗山雅子)

カートに入れました

お買い物を続ける カートへ進む

ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない