商品コード:9784750516257

足をどかしてくれませんか。メディアは女たちの声を届けているか

多彩な場で活躍する女性たちの体験から、メディアのあるべき姿を考える1冊。
1,650円(税込)
1,500円(税抜)
著者名
林香里、小島慶子、山本恵子、 白河桃子、治部れんげ、 浜田敬子、竹下郁子、李美淑、 田中東子
出版社名
亜紀書房
ページ数
320
発売日
2019/12/19
たびたび炎上するテレビ番組やネットのCM。男性中心に作られるジャーナリズムの「ふつう」は社会の実像とズレている。私たちの考えや意識はメディアに多大な影響を受けるのに、決定権は男性にあり、女たちのリアルも声も消されている。もっと〈みんな〉のための表現、ジャーナリズムを考えたくて本書を作った。多彩な場で活躍する女性たちの体験から、メディアのあるべき姿を考える1冊。 (亜紀書房 足立恵美)

カートに入れました

お買い物を続ける カートへ進む

ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない