商品コード:9784781620824

「死刑になりたくて、他人を殺しました」 無差別殺傷犯の論理

なぜ、事件が起きたのか。報道では語られない、犯人の心は…。
1,870円(税込)
1,700円(税抜)
著者名
インベカヲリ★/著
出版社名
イースト・プレス
ページ数
268
発売日
2022/05/19

「永山則夫連続射殺事件」、「秋葉原無差別殺傷事件」、「東海道新幹線車内殺傷事件」、「北新天地ビル放火殺人事件」など……。
「死刑になりたい」という理由で殺人を犯し、ひとを傷つけた人びとを身近で見てきた精神科医や支援者などへのインタビューをまとめた1冊。
犯人がそこまで心理的に追い詰められたのは、なぜなのか。
その背景には、複雑な家庭の事情、命を大切にしない社会の構造があることも決して忘れてはならない、と著者はいいます。
いまいちど、死刑制度について、そしてわたしたちの社会の構造そのものについて考えましょう。
「どこかの、恐ろしい犯罪」としてではなく、です。

カートに入れました

お買い物を続ける カートへ進む

ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない