商品コード:9784787708144

東京湾の原子力空母 横須賀母港化の危険性

1,650円(税込)
1,500円(税抜)
著者名
原子力空母横須賀母港化を許さない全国連絡会 /編
外寸
211×148×14 mm
発売日
2008/07/01
熱出力60万キロワットの原子炉を2基搭載した原子力空母ジョージ・ワシントンが横須賀に配備される。 安全審査を行わない、原子炉が東京湾に浮かぶことになる。活断層が走る三浦半島で大地震が起こったら、原子力空母は、そして首都圏はどうなるのか! 日本政府は「原子力空母の安全性は保証されている」として合意したが、原子力艦船の事故は実際に起こっている。空母原子炉の危険性、原子力事故が起きた場合の被害を解説し、母港化をやめさせるための地元市民の活動を紹介する。
品切れ中

欠品中(お取り寄せ可能な場合があります.メールにてお問い合わせください)

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない