hoiku19
商品コード:9784790271628

幼稚園・保育園の先生のための保育記録のとり方・生かし方

満3歳児からの、記録のとり方から生かし方を、イラスト入りの具体的事例で紹介。
1,650円(税込)
1,500円(税抜)
著者名
関章信他/編著
出版社名
鈴木出版
ページ数
232
出版社からのおすすめコメント
★指導計画の立案、幼児指導要録作成に欠かせない毎日の保育記録のとり方を具体例を挙げて分かりやすく解説。先生一人に一冊必携。
<出版社の内容紹介>
この1冊で、保育記録の種類と方法、満3歳児からの保育記録の「とり方と生かし方」のすべてがわかります。
子どもの姿をどのようにとらえ、なにを記録するかという例をイラスト入りの具体事例で紹介。
満3歳児では、入園当初からを3期に分けて「~期の子どもの姿」「個人及びクラスの様子」
3・4・5歳児では、1年間を5期に分けて「~期の子どもの姿」「個人及びクラスの様子」
さらに保育記録をもとに「指導計画」「指導要録」「家庭連絡」「職員会議」に生かす具体事例も紹介。
巻末「保育記録Q&A」と「効率のよい記録の整理・保存方法」も掲載。

カートに入れました

お買い物を続ける カートへ進む

ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない