商品コード:9784791766208

地方の論理 フクシマから考える日本の未来

「地方のみらい」 こそが、「日本のみらい」 である
1,540円(税込)
1,400円(税抜)
著者名
佐藤栄佐久、開沼博/著
出版社名
青土社
外寸
205×150×23 mm
ページ数
236
発売日
2012/03/14
前福島県知事と気鋭の社会学者が、これからの 「日本」 について徹底討議する。あらゆる 「中央の論理」 から自立し、「地方」 だからこそ可能な未来を展望し、道州制から環境問題、地域格差まで、3・11以後の社会のありかたを考える、いま必読の書。
品切れ中

欠品中(お取り寄せ可能な場合があります.メールにてお問い合わせください)

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない