商品コード:9784794808943

放射能汚染が未来世代に及ぼすもの 「科学」を問い、脱原発の思想を紡ぐ

「科学」を問い、脱原発の思想を紡ぐ
1,980円(税込)
1,800円(税抜)
著者名
綿貫礼子/編  吉田由布子・二神淑子・リュドミラ・サァキャン/著
出版社名
新評論
外寸
204×139×17 mm
ページ数
224
発売日
2012/03/01
永遠の「脱原発」。科学中心の文明そのものから“降りる”思想。それを紡ぐことこそが未来世代への責任と義務である。「女の視点」で編まれた本書はこの主張の下に、「チェルノブイリ被害調査・救援」女性ネットワークの25年間の研究成果を総括する。惨事後に受胎した子どもの放射線健康影響に関する「仮説」を軸に、「国際原子力村」の科学者たちによる健康影響過小評価の歴史を検証、今日の科学文明の意味を問う。本書刊行目前に昇天した編者綿貫礼子の遺言書。
品切れ中

欠品中(お取り寄せ可能な場合があります.メールにてお問い合わせください)

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない