商品コード:9784808310080

津波もがんも笑いで越えて いのちの落語家が追った3・11

1,650円(税込)
1,500円(税抜)
著者名
樋口強/著
出版社名
中日新聞東京本社 東京新聞出版部
外寸
190×134×19 mm
ページ数
206
発売日
2016/02/20
Woman's EYE|女性の視点から選んだOther Voicesに出会う本◆本のつくり手による新刊紹介◆
「がんはつらい、けど津波はくやしい。苦しさが違うのよ」。筆者は悪性がんを乗り越え、「いのちの落語家」として各地で独演会、講演会を通じ、がん患者の仲間を励ましてきた。だが、東日本大震災で被災し、大切なものを失ったがん患者の女性二人と出会い、悲しみの違いを痛感した。この出会いを創作落語「あの日を忘れない」に昇華させるまでの物語は震災から5年の今こそ、心に響く。
(東京新聞出版部 三橋正明)

カートに入れました

お買い物を続ける カートへ進む

残りわずか(タイミングによってはお取り寄せになる場合がございます)

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない