商品コード:9784826503211

人形峠ウラン鉱害裁判 核のゴミのあと始末を求めて

2,200円(税込)
2,000円(税抜)
著者名
土井淑平、小出裕章/著
出版社名
批評社
外寸
210×148×28 mm
発売日
2001/01/10
足尾、水俣、そして人形峠……。 原子力の起点のウラン採掘地で何が起きているか? 発覚したウラン残土の放置に、住民と自治会はどう闘ったか? 二転三転したウラン残土の撤去先、無責任な核燃機構と監督官庁、住民はついに核のゴミの撤去を求めて提訴! 人形峠ウラン公害裁判の徹底ルポに、被爆や汚染の実証データも多数掲載し、日本の原子力行政に警鐘を鳴らす注目の1冊です。
品切れ中

欠品中(お取り寄せ可能な場合があります.メールにてお問い合わせください)

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない