商品コード:9784846110086

破綻したプルトニウム利用 政策転換への提言

1,870円(税込)
1,700円(税抜)
著者名
原子力資料情報室、原水爆禁止日本国民会議/編著
出版社名
緑風出版
外寸
189×130×17 mm
ページ数
220
発売日
2010/06/01
日本のエネルギー政策は、原子力発電を中心としたエネルギー政策であることに変更はない。そして、将来は原発の使用済み燃料から再処理工場でプルトニウムを抽出し高速増殖炉で燃料として使用する「核燃料サイクルシステム」を構築するとしている。「高速増殖炉もんじゅ」はナトリウム漏出事故以来15 年稼働せずにいたものを強引に動かしたものの実用化にはほど遠く、再処理工場はガラス固化体製造過程のトラブルで操業のめどすら立っていない。  本書は、多くの科学者が疑問を投げかけている「核燃料サイクルシステム」が、すでに破綻しており、いかに危険で莫大なムダであるかを、詳細なデータと科学的根拠に基づいて分析し、このシステムを無理に動かそうとする政府の政策の転換を提言する。
品切れ中

欠品中(お取り寄せ可能な場合があります.メールにてお問い合わせください)

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない