商品コード:9784846112110

がれき処理・除染はこれでよいのか

2,090円(税込)
1,900円(税抜)
著者名
熊本一規、辻 芳徳/著
出版社名
緑風出版
外寸
205×142×15 mm
ページ数
197
発売日
2012/06/25
がれきの移動に反対する市民に、それではがれき処理が進まない、という政府・マスコミの非難が集中しています。はたして、そうでしょうか? IAEAの安全基準より八〇倍も甘い基準で、放射性廃棄物であるがれきを日本全国にばらまく広域処理は、国民の健康に脅威をもたらすだけです。また、除染をしても放射能は減るわけではありません。がれきと除染の利権にはゼネコンや原発関連業者が群がっています。本当に必要なのは、放射性物質の隔離と住民の避難なのです。

カートに入れました

お買い物を続ける カートへ進む

残りわずか(タイミングによってはお取り寄せになる場合がございます)

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない