商品コード:9784861012181

「子どもから大人まで、原発と放射能を考える」副読本 原発に反対しながら研究をつづける 小出裕章さんのおはなし

1,320円(税込)
1,200円(税抜)
著者名
野村保子/著  小出裕章/監修
出版社名
クレヨンハウス
外寸
267×216×10 mm
ページ数
112
発売日
2012/03/22
福島第一原発の事故以来、「エネルギーや放射能、原発について、子どもたちにどう教えたらいいかわからない」という学校現場の声にこたえて編集しました。
原発研究の第一人者・小出裕章さんほど、子どもを心配する科学者がいるでしょうか?
むずかしい原発について、小学生でも理解できるように写真や図版をつかってやさしく編集しています。
>4/22 講演会を開催いたしました

<子どもたちからの質問の一例>
Q:福島の原発で、いったいどんなことがおきたのですか?
Q:水道の水はそのまま飲んでいいのですか?
Q:「原発はすぐにはなくすことはできない」って、ホントですか?
Q:いろいろなことを言う人がいます。だれを信じたら、いいのですか?

カートに入れました

お買い物を続ける カートへ進む

ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)

■全国学校図書館協議会選定図書

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない