商品コード:9784865650259

ヒロシマの空に開いた落下傘 70年目の真実

「原爆は戦争を早期に終了させ、多数の人命を救った」という虚偽をあばき、その戦争犯罪を、節目の年に改めて問う
1,870円(税込)
1,700円(税抜)
著者名
河内朗/著
出版社名
言視舎
外寸
196×140×25 mm
ページ数
281
発売日
2015/07/01
「原爆は落下傘で吊り下げられて投下された」というのは誤報ですが、いまだにそのように信じられています。落下傘は観測用の計器を吊ったというのも間違いで、実は市民の大量虐殺を狙ったものなのです。ですから原爆「投下」ではなく、原爆「攻撃」と言うべきでしょう。広島で被爆した著者はその模様をリアルに描き出すとともに、資料を駆使して原爆にまつわる数々の虚偽をあばき、原爆の真実を改めてリアルに伝えます。衝撃の一冊です。(言視舎 杉山尚次)
品切れ中

ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで2週間以上かかる場合もございます)

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない