商品コード:9784880491974

よい親でなくとも子は育つ 83歳、小児科医の太鼓判

1,430円(税込)
1,300円(税抜)
著者名
毛利子来/著
出版社名
ジャパンマシニスト社
外寸
189×130×17 mm
ページ数
92
発売日
2013/08/05
ものごとにこだわらず、とにかく楽しむ。それが、“たぬき流”子育ての極意!
東京は原宿の診療所で、たくさんのおかあさんの声をきき、あかちゃんから思春期、反抗期の子どもたちの訴えに耳を傾けてきたタヌキ先生。保育、障害児、予防接種……医療や社会の常識より、目の前の弱った人、悩める母子の立場から、発言をつづけたほんとうに数少ない医師のひとり。 子どもがいくつになろうとも、親は親。親であるかぎり、タヌキ先生のコトバは珠玉です。


第一章 ズボラがいい、ダメがいい
第二章 しつけなんて、押しつけ
第三章 こどもは大人を乗り越えていく
第四章 のんきに、のんきに
第五章 たぬき先生の診察室

カートに入れました

お買い物を続ける カートへ進む

ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない