商品コード:9784883850952

女性学14

暴力に対するフェミニズムの意義
2,619円(税込)
2,381円(税抜)
著者名
日本女性学会学会
出版社名
新水社
『女性学』は、今年で設立28年目を迎える日本女性学会の学会誌です。今号は、性暴力、DV、戦争犯罪、男女平等へのバックラッシュなど、女性に対する多くの「暴力」の蔓延に対し、フェミニズムの意義を考察した特集を組んでいます。他にも、セックスワーク論、男女平等賃金論の歴史分析、妊娠中絶の自己決定権論などを扱う重要な論文を掲載。タイムリーな書籍紹介と併せ、興味のある方には是非参考にしていただきたく思います。 (日本女性学会誌編集委員 森脇健介)
品切れ中

欠品中(お取り寄せ可能な場合があります.メールにてお問い合わせください)

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない