商品コード:9784894642416

実践につなぐ ことばと保育[改訂版]

2,200円(税込)
2,000円(税抜)
著者名
近藤幹生、寳川雅子、源証香、小谷宜路、瀧口優/著
出版社名
ひとなる書房
ページ数
192
発売日
2016/09/01
<もくじ>
第1章 人間にとっての「ことば」とは──ことばの機能を考える
第2章 保育内容としての「ことば」の歴史
第3章 「ことば」の育つみちすじ
第4章 「ことば」を育むための保育者のかかわり・役割
第5章 「ことば」を育てるあそび──児童文化財にふれる
第6章 指導計画と「ことば」
第7章 家庭との連携と「ことば」
第8章 「ことば」を聞く意味、記録する意味
第9章 乳幼児期の「ことば」と子どもの権利
第10章 「ことば」をめぐる新たな課題

コラム(抜粋)
領域「言葉」の経過について/保育は養護と教育の一体的営み/マザリーズ(Motherese)/程よい関係を大切に/育児語・幼児語/過度拡張・過度縮小/鏡文字/「考える過程」の大切さ/苦手意識に向き合って/ことばと地域性~ごっこあそびから考える~/デジカメ写真で保育を伝える/エピソード記録 他

カートに入れました

お買い物を続ける カートへ進む

ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない