商品コード:9784908443282

あふれでたのはやさしさだった

少年のこころをゆさぶるのは……。
1,100円(税込)
1,000円(税抜)
著者名
寮美千子/作
出版社名
西日本出版社
縁があり奈良の少年刑務所で「絵本と詩の教室」の講師を引き受けた著者。そこで出会ったのは凶暴・凶悪といったイメージとはちがう、殻にこもった少年たちでした。はじめは手探りではじめていった授業も、すこしずつ少年たちがこころを開きはじめ……。『空が青いから白をえらんだのです 奈良少年刑務所詩集』が生まれた教室の風景を綴った一冊。少年たちの気持ちが行き交う様子と、ことばの大切さをあらためて感じます。

カートに入れました

お買い物を続ける カートへ進む

ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない