商品コード:9784924684201

赤いぼうし

「もし…」という数学の考え方を紹介した本
1,595円(税込)
1,450円(税抜)
著者名
野崎昭弘/文 安野光雅/絵
出版社名
童話屋
外寸
26×21.5cm
ページ数
44
シリーズ名
美しい数学シリーズ
発売日
1984/04/01
<出版社の内容紹介>
「もし・・・だったら」という考え方は、とても大切です。この考え方のおかげで、数学が今のように発達したのだ、と言ってもいいくらいです。
この本のねらいは、この「もし・・・」という考え方の紹介です。

「もし・・・」という考え方をすると子どもたちはたちまち童話の世界に入り込んで、主人公と一体になれます。大人だって「もし、自分がこの童話の主人公だったら・・・」と考えることができれば、魔法の森に、すーっと入っていける、と野崎さんは語っています。

カートに入れました

お買い物を続ける カートへ進む

ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない