【テイクアウト】東京店 Organic BENTO 販売のお知らせ

クレヨンハウス オーガニックレストラン「広場」の日替わりの「お弁当」(Organic BENTO) です。
メニューは、ランチ&ディナービュッフェの、日替わりメニューと同じ内容になります。

  


お電話予約がスムーズです

クレヨンハウス東京店レストラン広場のオーガニックBENTOは、電話予約が便利です!
いつでもヴィーガン対応も可能です。

*ランチBOX 1,200円 (受付*10時~14時:お渡しは11時以降になります:03-3406-6308 アナウンス[1]をプッシュしてください)
*ディナーBOX 2,000円 (受付*14時半~19時半:お渡しは17時半以降20時までになります:03-3406-6409

ご予約いただくと、お引き取り時間までにご用意し、すぐにお渡しできます。
お電話いただいたお時間の30分後以降から、お渡し可能です。

※ランチBOXご予約注文の際は、以下をお伝えください。

1)メイン料理は、「お肉(お魚のこともあります)」または「ヴィーガン」からお選びください。
2)ごはんは、「玄米」または「五分付き米」からお選びください。
3)お箸の要・不要をお知らせください。
4)紙袋(16円)の要・不要をお知らせください。
5)お名前と、受取り希望時刻をお知らせください。





クレヨンハウス オーガニックレストラン「広場」がつくるお弁当Organic BENTOは、オーガニック食材で作りました。やむなく短縮営業中のオーガニックレストラン「広場」の食材と同じです。
さらに「免疫力をつけよう」をテーマに、「ファイトケミカル・スープ」をつけました。この野菜スープ(食べるサプリメント)を飲み干してからお弁当にとりかかることをおすすめします。野菜の栄養素・ファイトケミカルだけの味付けに物足りない方は、無精製塩などでご自由な味付けを。
尚、弁当容器はバガス(サトウキビから生まれた天然素材)製です。またファイトケミカルスープは医学博士・高橋弘先生(ハーバード大学医学部内科元准教授、麻布医院院長)提案『いいね48号』(クレヨンハウス発行)で特集しています。

We are what we eat.

わたしたちは わたしたちが食べたものでできている。

オーガニック(organic)は「有機の」という意味ですが、次のように定義されます。
・化学肥料や化学合成農薬に頼らず、有機肥料や自然からの贈りもの(太陽や土や水や生物など)を充分にいかして生産します。
・こうして生産された農産物や畜産物、それを原料とした加工食品をオーガニック食材と呼びます。
・また、その育成方法である有機栽培、有機農法、有機農業そのものをも意味します。


わたしたち人間は、自然界の動植物と共に生きている自然の一部であり、食物連鎖で繋がっています。その動植物が生きる環境を過不足なく整えることは、私たち人間の健康とも結びつきます。つまり、オーガニックの目的は、自然界における健全な食物連鎖を保つことだと言えます。「美味しいもの」は「安全なもの」、です。