環境と社会へのかかわり

クレヨンハウス

オーガニックで安心な食、環境に負荷をかけすぎない暮らし、
子どもたちの未来をよりよくする社会への働きかけ、
人間の尊厳を守り、多様性を尊重すること、
クレヨンハウスのすべての仕事は、ひとつひとつ時代に応じて広がってきました。
これからも時代とともに、時代より一歩先を行く提案を、CSR(企業の社会的責任) からSDGs(持続可能な開発目標)へ成長し続けていきます。根底にあるのは「人権」 の尊重だと考えています。

FOODS

化学肥料や農薬、遺伝子組み換え食品、放射性物質などが、ひと の健康に悪影響を及ぼすことが、科学的にもわかってきました。 とりわけ子どもへの影響が心配されます。世界的にオーガニック やビーガンなどへの注目が高まっているいま、クレヨンハウスは 40年以上にわたる蓄積から、この動きを後押ししています。

LIFE STYLE

脱プラスチック、STOP温暖化、脱原発など、地球環境の持続 可能性のため、わたしたちがいますぐ取り組まなければならない 課題山積です。暮らしのなかのちいさなことから変えていきま しょう。せっけんひとつ、天然素材の服1着からはじめられる、 環境を守る暮らしの方法を、クレヨンハウスは提案し続けます。

ORGANIC LIFE

たとえば、クレヨンハウスで扱う化粧品や洗剤は、うっかり口に 入ってしまっても中毒を起こすなどありません。カラフルなおも ちゃやコットン製品なども、あかちゃんが口に入れても心配がい らないものを選んでいます。クレヨンハウスは、オーガニックと いう安心を、社会のすみずみまで広げたいと考えています

CULTURE

子ども、女性、高齢者、障がいのあるひと。クレヨンハウスが大 切に考えているのは、こうした「弱い立場におかれがちなひと」 です。強者視点の社会から、弱者視点の社会へ。それはすべての ひとが生きやすい社会であると考え、文化を拓いていく。それが クレヨンハウスの仕事だと考えています。