大きなさかなが寝てるすきに、「ぼうし」をぬすんだ小さなさかな。
大きなさかなは気づきっこないと、海の中を逃げていきますが……。

『どこいったん』に続く、長谷川義史さんの翻訳絵本2冊目!
今回の舞台は、しんと静かな海の中。「ぼうし」をめぐるミステリー!?
ページをめくるたびに、どきどきが止まりません。


このぼうし ぼくのと ちがうねん。 とってきてん。


まあ きがついても、  ぼくのことなんか あやしめへんわ。



>>『ちがうねん』刊行きねん!
長谷川義史さん2012クリスマスライブ・レポートはコチラ


原作者のジョン・クラッセンがつくった予告アニメーションを見る
trailer - THIS IS NOT MY HAT

「クレヨンハウスの本」Twitter
最新情報をつぶやいています!



○ジョン・クラッセン/著
カナダのオンタリオ州ナイアガラフォール生まれで、現在はアメリカのカリフォルニア州ロサンゼルスに住む。長編アニメ映画、ミュージックビデオ、社説記事のイラストレーターとして活動。Caroline Stutson作『Cats’Night Out』のイラストで栄えあるカナダ総督文学賞を受賞。はじめて文と絵を手がけた絵本『どこいったん(I WANT MY HAT BACK)』(クレヨンハウス)は、2011年ニューヨークタイムズベストセラー、ドクター・スース賞オナー賞などを受賞。

○長谷川義史/訳
大阪府藤井寺市生まれ。趣味は自転車、渓流釣り。絵本作家として『おじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃん』(BL出版)、『うえへまいりまぁす』(PHP研究所)、『だじゃれ日本一周』(理論社)、『じゃがいもポテトくん』(小学館)、『うんこのあかちゃん』(クレヨンハウス)などユーモラスな独自の世界を生み出す。『ぼくがラーメンたべてるとき』(教育画劇)、『いいからいいから3』(絵本館)などで受賞も。

関連商品

★レビューに注目
どこいったん
価格 1,836円(税込)
★レビューに注目
みつけてん
価格 1,944円(税込)

魚の目つき!

レビュースコア:5点  投稿者:読者カードより
関西弁と大きな魚の表情に引き込まれて
本屋さんで見つけ即購入。
お気に入りの1冊になりました。
わかっちゃいるけど、つい……でも……と
理由をつける、
そしてわかりっこない、と言いつつ、
かくれ場所にむかったり、みつからないつもりが……
説明されずにむかえる最後の場面、
大きな魚の目つき、結末、楽しめました!!
(T・K様より)

何度見てもクスッと笑える

レビュースコア:5点  投稿者:読者カードより
自分の策は万全だと前だけ見てすすむ小魚。
そこに迫り来る大魚。
小魚の関西弁と沈黙の大魚の対比が効果的で
ページをめくるごとに緊張が高まる。

小魚はどうなったのか……
表紙の小魚、やんちゃ坊主を見るようで
何度見てもクスッと笑える。
ぴったりのセリフですね。
この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。