安野光雅さん追悼特集

  • 2020年12月24日、画家の安野光雅さんがご逝去されました。94歳でした。

    クレヨンハウスがオープンした時、すでに『ふしぎなえ』が出版されていましたが、その後『あいうえおの本』など70年代80年代は、矢継ぎ早の出版ラッシュ、『はじめてであうすうがくの絵本』、ライフワークとして描き続けた『旅の絵本』など、書棚に並べ続けた思い出がよみがえってきます。おしゃれで、奇妙で、美しく、たくさんのファンの方々をお迎えできたのも懐かしい思い出です。

    数かずの本の装丁など、子どもの本の世界に新たな可能性を見せてくださいました。
    1977年にブラティスラヴァ世界絵本原画展にて金のりんご賞を受賞、1978年にボローニャ国際児童図書展グラフィック大賞、1984年には、赤羽末吉さんに続き日本人としては2人目となる、国際アンデルセン賞画家賞を受賞するなど、国内外でご活躍されました。

    店頭に、追悼の絵本特集を設けながら、いまさらながら日本の文化を拓かれた功績はすばらしく、多くの方々が悲しまれ淋しく思われているのではないかと思います。
    安野さん、たくさんの作品を本当にありがとうございました。こころからご冥福をお祈りいたします。

  • 安野光雅
    photo:Osamu Kobayashi

※現在重版中のタイトルは、ご予約承ります。入荷次第、発送いたします。

表示サイズ:
2列(カートボタンあり)
2列(カートボタンなし)
71件あります
71件あります

最近チェックした商品履歴を残さない