ギフトに選ばれてます スタッフおすすめ
商品コード:2204090013492

ねことねずみの大レース NEW

ハラハラドキドキの大人気ゲーム!ネコに捕まらないようにチーズを集めよう!
5,280円(税込)
4,800円(税抜)
メーカー
ペガサス(ドイツ)
サイズ・容量
ゲーム盤:44×44cm
原材料
●素材:木、厚紙
セット内容
ボード1枚、ねこ1個、ねずみ(赤・青)各5個、ねずみ(黄・緑)各4個、チーズ各種計20個、サイコロ1個 日本語説明書付
外箱有無
いわゆる「すごろく」の類ですが、このゲームでは、サイコロで「ねこ」の目が出ると、自分のコマ(ねずみ)ではなく、ねこを進めなくてはなりません。ねずみはねこに追いつかれると食べられてしまうのでご注意を。コースの途中にはねずみの好物・チーズの部屋が。チーズをより 多く集めたひとが勝者です。サイコロの運と少しの戦略が勝負のカギ!

カートに入れました

お買い物を続ける カートへ進む

ご注文いただけます

いま、アナログゲームです。デジタルゲームのイライラがありません。
お話*宍戸信子さん/「子どもと育ち総合研究所」主任研究員

大人が一緒にあそんでくれた体験を

お子さんがひとと関わりながらあそぶこともおもしろくなってきたら、親子でアナログゲームをはじめてみませんか? たとえば、はじめてのゲームでは、暮らしの中で馴染みのあるものがモチーフになっていて、「色や形」を見分けて集めるような絵カードを使ってみるのもおすすめです。
まずは、その「ゲーム」が子どもを受け入れてくれないと存分にあそべません。たとえばデジタルゲームの場合、そのゲームのペースで展開していき、人間をリードしていく場面も多いように思います。子どもの「いまもっている力=ペースや理解度」に寄り添ってくれるのが、アナログゲームの魅力です。
幼児期後半は、「あ~やっちゃった」「おっ! ラッキー」「よーし、もう一回」など、誰かと一緒に喜怒哀楽を共有できるゲームを。目の前の試練をどう乗りこえるのか? といった、人生で起こるさまざまな葛藤やチャレンジも体験します。しかもゲームのなかなら、失敗も挫折も再チャレンジもあり! です。 そして、何よりも……「大好きなひとと一緒に過ごした時間と経験」が、子どもを育てています。絵本タイムと同様、一緒にゲームを囲む時間、いかがですか?



スタッフおすすめ

「食べられたー」と家族で盛り上がります
ルールだけ読むと一見難しそうですが、やってみると意外に簡単で、子どもが4歳の頃から楽しめました。しっかりした作りの木製の駒を動かすので、逃げる、追いつかれるに臨場感があり、「食べられたー」と家族で盛り上がります。サイコロの運と状況判断のバランスが程よく、一回ゲームが終わると「もう一回」と催促の声が。
(大阪店雑貨売り場 N)

家族みんなでハマってしまったそう!
4歳・6歳の兄妹へプレゼントしたところ、家族みんなでハマってしまったそう! 他のゲームではお兄ちゃんになかなか勝てない妹も、このゲームではサイコロを振る運しだいで勝つことができるので、「もう1回!」と何度もたのしんでいるようです。
(東京店クーヨンマーケット I)



●すごろくゲーム ●対象年齢4歳くらい~ ●参加人数:2~4人 ●所要時間:約30分

ネコに追いつかれないように、たくさんのチーズを手に入れることができるかな?
2003年ドイツゲーム大賞を受賞し、2014年日本ボードゲーム大賞を受賞した、言わずと知れた名作ゲーム。


<あそび方>
基本のルールはサイコロを振ってコマをすすめる「すごろく」です。
ただし、サイコロで「ネコ」の目が出ると、プレイヤーや自分のコマ(ねずみ)ではなく、ネコを進めなくてはなりません。ねずみはネコに追いつかれると食べられてしまいます。
コース途中にはねずみの好物、チーズが置かれた部屋があり、ゴールが近い部屋ほどチーズの大きさは大きくなっていきます。ネコに追いつかれないように、たくさんのチーズを手に入れることができるかな?
確実にちいさいチーズを手に入れるか、それとも大物にチャレンジするか! 意に反して「ネコ」の目が出るとネコはどんどん進んで来ますよ! ハラハラドキドキ、盛り上がること間違いなしの大人気ボードゲームです。

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない