商品コード:2204090013881

TAG 握りやすい取っ手のついた形パズル

把握力と目と手の協調運動が同時に行われます
6,600円(税込)
6,000円(税抜)
メーカー
タグ・トイ(アメリカ)
サイズ・容量
23×18×8cm
原材料
素材:木(取っ手は接着剤と木釘で固定された二重の安全設計です) *2歳くらい~
鮮やかな色彩の大きなパーツに、つかみやすい取っ手のついたパズルです。 絵を描く、積み木を積むといったすべての動きの基本となる、目と手の協調運動が養われます。「まる、しかく、これはどこ?」ことばをかけてあげながら、はじめての「できた!」を親子で体験してください。 子どもが初めて出会うパズルです。大きくて、鮮やかな色彩につかみやすい取っ手がついています。
絵を描く、積み木を積むといったすべての動きの基本となる、目と手の協調運動が養われます。この協調運動は、あそびや道具を使うことのすべての基本です。つかんではめ込むあそびを繰り返すことで、行為の理解につながります。はじめてのかたちあそびにも適しています。
「まる、しかく、これはどこ?」ことばをかけてあげながら、はじめての「できた!」を親子で体験してください。

●あそび方
1、つかむ→取り上げる→元の場所に戻すを連続的に行います。
2、視覚的な色の判断から次第に形状を判断する論理的理解に導きます。

※TAG-TOYは通常1週間程度でのお届けとなりますが、メーカー欠品の場合はお取り寄せまで2か月ほどお時間をいただく場合がございます。(その場合はご連絡させていただきます)

カートに入れました

お買い物を続ける カートへ進む

ただいま欠品中、次回入荷は4月中旬予定です

増えています TAG TOY育ちの子!
脳細胞はあそびで伸びる!

発達障がい児の研究からはじまったおもちゃTAG TOYの開発。
それが、乳幼児期の脳が急速に成長を遂げる時期に、あそびを通して子どもの脳の発達を後押しするおもちゃへと結実しました。
そこに米TAG TOY 社のセラピー教具をご紹介する理由があります。


胎児の頃から脳の発達がはじまり、外部からの刺激を受けたときのみ脳の情報伝達スピードが上がっていく……。
米国TAG TOY社代表のラリー・メストネック博士は、こうした脳の発達理論を発見し、1976年にこの理論を生かしたおもちゃの制作をはじめました。とくに「誕生から6歳頃までの子どもには良質な刺激が必要」と博士。ただし、「訓練」ではなく、子ども自身が「おもしろい!」と思うことが大前提とも。発達にもっとも重要なのは、自ら考え、動くことだから、と。TAG TOYはそんな博士の思いと科学的理論に基づいてつくられました。

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない