商品コード:9784001151220

きかんしゃやえもん

子どもたちのこころを乗せて
704円(税込)
640円(税抜)
著者名
阿川弘之/文 岡部冬彦/絵
出版社名
岩波書店
外寸
210×165×10 mm
ページ数
46
発売日
1959/12/05


|1959年初版刊行|


おかしな「やえもんことば」がいっぱい
「しゃっ しゃっ しゃくだ しゃくだ しゃくだ……」怒りながら走る、やえもん。
「むちゃだ、めちゃだ、むちゃくちゃだ……」嘆き悲しむ、やえもん。声に出して読むと、たのしさ倍増です。

日本の「やえもん」 VS.イギリスの「トーマス」
子どもたちに人気の機関車といえば、「トーマス」がありますが、「やえもん」だって負けてはいません。
子どものこころを乗せるのがとっても上手な、機関車やえもんです。

おとなの気持ちも惹きつけます
一生懸命に働いたのに、歳をとって役にたたなくなると、くず鉄!? がっかりしたり、憤慨するおとなも、多いかも。でも、ご安心ください! やえもんは、すてきな終着駅を見つけました。
機関車のやえもんは、長いあいだ働いたので歳をとって、くたびれています。
若い頃を自慢し、いばってみても、誰も相手にしてくれません。
とうとう、壊して、くず鉄にすることが決まってしまいます。
嘆くやえもんに救いの手をさしのべたのは、交通博物館のひと。「やえもん」は実在する機関車みたい!?

カートに入れました

お買い物を続ける カートへ進む

ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない