商品コード:9784022516671

ふくしま原発作業員日誌 イチエフの真実、9年間の記録

過酷事故現場で働く、それぞれの声を聞き続けて。
1,870円(税込)
1,700円(税抜)
著者名
片山夏子/著
出版社名
朝日新聞出版
外寸
サイズ 188×130×25 mm
ページ数
464
発売日
2020/02/20

いまも続く福島第一原発事故後の廃炉作業。そこに従事するひとたちの姿は見えにくい。
どんなひとが、どのような思いで? 作業内容は? 労働環境は?
「箝口令」が敷かれたなかで、東京新聞記者・片山夏子さんは、9年間地道に取材を重ね、作業員一人ひとりの物語から、原発事故の真実をあぶり出していく。
「誰かがやらねば」「福島のために」と危険な作業にあたるひとたちの気持ちと尽力が、コストカット、人手不足などによる過酷さ、「使い捨て」にされることへの絶望から消沈していくようすも。
事故をあらためて知るとともに、この国の構造的欠陥に気づかされる一冊。

カートに入れました

お買い物を続ける カートへ進む

ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない