商品コード:9784023318762

わかりやすさの罪

“わかりやすさ”の妄信、あるいは猛進が、私たちの社会にどのような影響を及ぼしているのだろうか。
1,760円(税込)
1,600円(税抜)
著者名
武田砂鉄/著
出版社名
朝日新聞出版
外寸
サイズ 188×128×25 mm
ページ数
278
発売日
2020/07/07
<出版社の内容紹介>
「すぐにわかる!」に頼り続けるメディア、ノウハウを一瞬で伝えたがるビジネス書、「4回泣ける映画」で4回泣く人たち……。「どっち?」との問いに「どっちでもねーよ!」と答えたくなる機会があまりにも多い日々。私たちはいつだって、どっちでもないはず。納得と共感に溺れる社会で、与えられた選択肢を疑うための一冊。

カートに入れました

お買い物を続ける カートへ進む

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない