商品コード:9784033340906

やぎのしずかのしんみりしたいちにち

悲しさや、美しさがむねにしみて、しんみりしてしまったしずか。はげましてくれたのは、いつもの友だちと、やさしい風だった。
1,430円(税込)
1,300円(税抜)
著者名
田島征三/作
出版社名
偕成社
外寸
25cm×23cm
ページ数
32
発売日
2015/05/12
<出版社の内容紹介>
しずかが草を食べていると、セミが落ちてきました。おどろいていると、アリがやってきてセミを運んでいきます。しずかがあとを追ってしげみに頭をつっこむと、そこには、きれいな玉になって朝露がかがやいていました。 「あなたたちは、こんなにきれいなのに、なぜだれにも気づかれないでキラキラしているの?」
「ねえ、セミは死んだら、もううたわないの?」
しずかがきいても、だれもこたえてくれません。
そのあと、今にも咲こうとしている花のつぼみを食べたことを友だちのバッタにからかわれたしずかは、気持ちがこみあげてきて、しみじみと泣いてしまいます。
泣きつかれて眠ったしずかの上を、やさしい風がふきわたっていきました。
目をさましたしずかのところに、友だちのバッタとガマガエルとコジュケイがやってきて、いっしょに〈げんきになるかも〉という歌をうたいます。

カートに入れました

お買い物を続ける カートへ進む

ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない