商品コード:9784034041406

あるきだした小さな木

自由と自立をもとめて歩きはじめた、「ちびっこの木」のお話
1,320円(税込)
1,200円(税抜)
著者名
ボルクマン/作 セリグ/絵 花輪莞爾/訳
出版社名
偕成社
外寸
230×198×17 mm
ページ数
68
発売日
1969/12/01

深い森のなか。パパの木、ママの木のそばでしあわせに暮らしていた「ちびっこの木」は、ある日、はじめて人間を見て、人間と一緒に暮らしてみたくなりました。
それから毎晩、「ちびっこの木」は、からだを揺らして地面から抜け出ようとがんばって、とうとう百本の根っこを地面の上に出して、歩き始めます。
村にやってきた「ちびっこの木」は、だれかの庭に植えられるのを嫌います。
「もっと たくさん、たくさん 見たいものが あるんだ。」
そして、たくさんの人間の様子が見渡せるにぎやかな町の広場が気に入り、この広場に住むことに決めますが……。
出版から50年以上経っても色あせることのないこの作品は、双子の息子の母である作者が、子どもたちに
「ママが考えた、だれにもしたことのない話」をせがまれて、勤め先からの帰路に作ったのだそう。
挿絵では1967年度フランス児童図書最優秀賞、1968年度ボローニャ児童絵画賞を受賞。

カートに入れました

お買い物を続ける カートへ進む

ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない