商品コード:9784065118658

講談社の動く図鑑EX MOVE 猛毒の生きもの DVDつき

あらゆる猛毒の生きものをくわしく解説しています
1,760円(税込)
1,600円(税抜)
著者名
講談社/編集 今泉忠明/監修
出版社名
講談社
ページ数
88
シリーズ名
講談社の動く図鑑MOVE
発売日
2018/06/28
<出版社の内容紹介>
猛毒の生きものを、生息域別に、陸地、海・水辺、動かない生きもの(植物・キノコ類)にわけて紹介。ヘビやサソリなど、猛毒界のスター選手をはじめ、カエルやイモリなど、小型の猛毒生物、タコや貝など海の生きもの、食べたら怖い毒キノコまで、あらゆる猛毒の生きものをくわしく解説しています。
エジプトコブラにかまれたライオン、ドクハキコブラvsミーアキャット、ウツボをのみこむアオマダラウミヘビなど、MOVEならではの迫力のあるイラストも満載です。

カートに入れました

お買い物を続ける カートへ進む

ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)

監修者のことば
今泉忠明/動物学者 日本動物科学研究所 所長

怖いけど見てみたい……それが猛毒をもつ生きものでしょう。自然界には、かまれるとひどい目に遭う生きもの、食べると危ない、触っただけで痛い思いをするといった、色とりどりの猛毒生物が潜んでいます。
でもだいじょうぶ。
逆にいえば、かまれなければ、食べなければ、目立たない地味な生きものにも、毒をもつものがいるということを知っていれば、問題ないということです。油断せずに注意して観察すれば、ほとんどの生きものは安心・安全なのです。
怖いでしょうが、よ~くみてください。大切なのは色、形、どんな毒なのか、その毒をどういうふうに使うかなどを知ることです。そして、その生きものが、どうして毒をもっているのかという不思議を考えましょう。それがわかったとき、猛毒をもつ生きものが、自然の中で生きている理由がわかるでしょう。すると、たちまち猛毒をもつ生きものが怖くなくなりますよ。知ることで、恐れが消えるのです。広い知識というものは、その意味でも大切ですね。


コモドオオトカゲの狩りの様子

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない