商品コード:9784092906365

ヤーガの走る家

生き方は選べないの?
1,760円(税込)
1,600円(税抜)
著者名
ソフィー・アンダーソン/作 長友恵子/訳
出版社名
小学館
ページ数
384
発売日
2021/02/24

スラブ民話に登場する魔女、バーバ・ヤーガ。鶏の足が生えた家に住んでいて、子どもをさらったりと〈悪者〉として語られることも多いのですが、本作では、死者の魂が安らかな世界へ旅立つ手伝いをする役として描かれています。バーバ・ヤーガになることを定められている少女マリンカが、その運命から逃れ、自分の生き方を自分で選ぼうと成長していくファンタジー!


<出版社の内容紹介>
「わたしの家には鳥の足がはえている。家は、年に二、三度、夜中にすっくと立ち上がり、猛スピードで走り出す。」(冒頭文抜粋)
少女マリンカが祖母のバーバと住む不思議な家には、あの世とこの世の境界を守る秘密の「門」がある。バーバはこの門の番人で、マリンカも将来番人になることを運命づけられて育った。
毎晩「門」を目指して訪ねてくる死者達を、美味しい料理と楽しい音楽でもてなし、星へ還すバーバの仕事を手伝うマリンカ。
でも本当は、その仕事に明け暮れる人生ではなく、生きている人たちの世界で友だちを作って遊ぶことを夢みている。
自分の運命は自分で決めたいという気持ちが強くなり、もがき、あらがい、行動していく。

ロシア民話「バーバ・ヤーガ」をモチーフに、家族の愛情と絆、少女の葛藤と成長、そして人生を自分の足で歩むことへのエールを描いた長編ファンタジーです。

カートに入れました

お買い物を続ける カートへ進む

ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない