商品コード:9784098401468

保育のなかのアート プロジェクト・アプローチの実践から

子どもの発想を受けとめることによって、どれだけ保育が豊かに楽しくなるか
2,200円(税込)
2,000円(税抜)
著者名
磯部錦司、福田泰雅、社会福祉法人赤碕保育園/著
出版社名
小学館
ページ数
160
発売日
2015/03/16
子どもの発想を、大人が受けとめることによって、どれだけ保育が豊かに楽しくなるか。
イタリアのレッジョ・エミリアでは、表現活動から保育を子どもの主体的な生活の場としてとらえ直し、その実践は、日本では大きな可能性として注目され、日本の保育を考え直すきっかけとなりました。
赤碕保育園では長年、生活と造形表現を結びつけることに目を向け、子どもの主体性において保育を組み立てる「プロジェクト・アプローチ」を実践してきました。
たとえば、一冊の絵本から五線譜へ、そして造形へとつながった「モーツァルト・プロジェクト」。一匹のとかげから、死と生を考えるきっかけへと発展した「とかげプロジェクト」。川の遡行体験から、未知の生物の世界に思いを馳せた「かっぱプロジェクト」など。
本書は、「プロジェクト・アプローチ」を日本の風土と地域に根ざした実践として取り組んできた園の実践と、アートを中核とした保育創造の理論を解説する書です。

カートに入れました

お買い物を続ける カートへ進む

ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない