商品コード:9784251030054

つつじのむすめ

毎晩むすめは山をこえ、若者のもとへと走る。
1,540円(税込)
1,400円(税抜)
著者名
松谷みよ子/文 丸木俊/絵
出版社名
あかね書房
ページ数
32
シリーズ名
あかね創作えほん
発売日
1974/11/01

幾つも山をこえた祭りで若者と出会った娘。ふたりは恋に落ちて、娘が毎晩、幾つもの山を越え、若者に会いに行く。
その手には、ひと握りの米が。娘が若者と出会う頃には、米は餅に変わって、ふたりは短い逢瀬の中で、餅を食べた。
しかし、ある日、若者は娘の一途さが、うっとうしくも怖くもなって、娘を谷底に落としてしまう。
娘が落ちたところには、深紅のつつじがいつも咲くという、長野に伝わる話を松谷みよ子さんが再話、丸木俊さんが圧倒感のある絵にした美しくも切なすぎる絵本。

カートに入れました

お買い物を続ける カートへ進む

ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない