商品コード:9784265851850

山の上に貝がらがあるのはなぜ?

貝がらから地球の歴史をひもとく
1,760円(税込)
1,600円(税抜)
著者名
アレックス・ノゲス/文 ミレン・アシアイン=ロラ/絵 宇野和美/訳
出版社名
岩崎書店
ページ数
41
発売日
2021/12/16

ここは高い岩山。ごつごつしていて草木も少ない場所ですが、地面をよーく見ると、カキ(牡蠣)の殻がいっぱい。
海にいるはずのカキの殻が、なぜこんな山の上に?
嵐に運ばれて雨と一緒に降った? それともカキに似た形の単なる石?

殻と思っていたのは、実は8,500万年前のカキの化石だったのです。
海の底にいたカキが化石になって、山の上に来るまでの長い年月を、岩山の地層を見ながら語りかけるように解説していきます。
さぁ、耳を傾けて、地層が織りなす壮大なハーモニーを聴いてみよう。


カートに入れました

お買い物を続ける カートへ進む

ご注文いただけます(取寄せの際に入荷まで7日以上かかる場合もあります)

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない