落合恵子のBOOK CLUB
商品コード:9784309026718

泣きかたをわすれていた

長い間封印してきた涙が頬を伝うとき
1,650円(税込)
1,500円(税抜)
著者名
落合恵子/著
出版社名
河出書房新社
ページ数
226
発売日
2018/04/10
21年ぶりとなる長編小説です。
主人公は、子どもの本の専門店を営む冬子。
7年にわたる母親の介護、愛する人たちとの別れと、その記憶の数々。
長い間封印してきた涙が頬を伝うとき、彼女が見つけた自由と解放。
彼女の人生にいつも寄り添っていたのは絵本でした。

★本書に登場する絵本&本
アンジュール
オレゴンの旅
ルピナスさん
はなをくんくん
沈黙の春

★落合恵子が、毎週土曜朝のNHKラジオで [落合恵子の絵本の時間]として1冊ずつ絵本を紹介しています。
これまでご紹介した絵本はこちらから

カートに入れました

お買い物を続ける カートへ進む

ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで2週間程度かかる場合もあります)

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない