商品コード:9784333028009

ミツ

「猫としてのからだ」は失っても、ミツはいつだって自分のそばで笑ってる
1,980円(税込)
1,800円(税抜)
著者名
中野真典/作
出版社名
佼成出版社
外寸
240×220×9 mm
ページ数
32
発売日
2019/04/03
絵本作家、中野真典が愛猫ミツとの別れを通し、「死別」という永遠のテーマを深く掘り下げて描いたスケールの大きな作品。自身の腕の中で逝ったミツ。でもほら、地面を見れば、空を見上げれば、ミツがいつだって笑ってる。そして、ぼくも笑う――。この世に存在するあらゆる“いのち”をまっすぐに見つめてきた作者の絵は、理屈や固定概念を軽々と超えて、わたしたちをミツのもとへと誘ってくれる。

カートに入れました

お買い物を続ける カートへ進む

ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない